亀戸天神の酔芙蓉(スイフヨウ)

亀戸天神はたくさんのお花を楽しめるスポットしても知られています。

珍しいお花として酔芙蓉(スイフヨウ)が今の時期の見ごろです。

酔芙蓉(スイフヨウ)は夏から秋に咲くアオイ科の植物で、花色の変化とその姿から花言葉がつけられています。原産は中国や日本で、花色は白・ピンク・濃いピンクへ変わるのが特徴です。

 

酔芙蓉(スイフヨウ)は朝花が咲いて夕方には散ってしまう1日花です。その1日のなかで花色が白から濃いピンクへと変化していきます。

花の色が変わるのは、アントシアニンの合成が理由です。アントシアニンは25℃以上の気温で合成し、合成すると植物内の酸素量が増えます。

すると白色だったものがピンクへと変化する仕組みです。そのため、気温が25℃を下回る日は色がほとんど変わりません。

この猛暑で逆に色は淡いピンクから始まり濃いピンクへの変化が見られます。

朝の涼しい時間のお散歩や、お昼のひと時、訪れる時間を変えて亀戸天神を訪れるのも楽しいかもしれません。

酔芙蓉(スイフヨウ)を見てから、ぜひ若福で涼をとって、英気を養ってください。

EnglishJapanese